三郷市市議会議員、山下勝矢が
みなさまと「ふれあう」ために設けた公式サイトです
E-MAIL: yama-katsu@hkg.odn.ne.jp
ご挨拶集    トピック    市の財政分析レッスン    市議会での要望・質問事項    ご意見・ご質問


トピック

掲載号 タイトル
54 新春号 日本一郷土愛が低い都道府県はどこでしょうか?
なんと、埼玉県です!

流山市とを結ぶ流山橋の慢性的な渋滞を解消する江戸川新橋の建設費は?



日本一郷土愛が低い都道府県はどこでしょうか?
なんと、埼玉県です!


ふるさとについて、愛着や誇りを持ち、熱く語っている人を見ると、こちらも感心したり、うらやましく思ったりしませんか? 

 そうです…郷土愛を持つことは、その人の生き方に誇りと自信をもたらす効果も大きいのです。そこで、次の表をご覧ください。

                     

全国で最下位というこの結果、皆さんはどう思われますか?

 では、三郷市民はどう思ってるのでしょうか?

平成21年年に行われた三郷市民アンケート調査によると…

○三郷市に住み続けたいか?
 ▼ずっと住みたい
  (平成14年)27.2%
  (平成20年)27.5%
 ▼当分住みたい
  (平成14年)35.8%
  (平成20年)44.6%
○三郷市のイメージは?
 ▼1位…特徴が無い
 ▼2位…いなかっぽい

と、残酷な言葉が続きます。当分住みたいと答えた方が大幅に増えていますが、ずっと住みたいと思っている方は残念ながら四人に一人しかいません。市のイメージについてもネガティブな言葉が多く、一市民としてとても悔しくてなりません。

 私はこれを変えたい!
 変えることが私の使命だ!
「水と緑に恵まれた美しい住環境の街」「産業が活発に展開されるおもしろい街」「教育・医療・福祉が充実した安心の街」と言われるよう、県と連携をもち「政治でできるまちのブランドづくり」に全力を尽くします


流山市とを結ぶ流山橋の慢性的な渋滞を解消する江戸川新橋の建設費は?

昨年11月28日に、三郷市と八潮市を結ぶ新中川橋が開通しました。これにより潮止橋の渋滞が緩和されるでしょう。

 一方、千葉県流山市と本市を結ぶ流山橋の渋滞は未だ未解決となっており、新橋の建設が急務となっております。

 そこで、江戸川新橋の先輩である松戸三郷有料道路(松戸市と本市を結ぶ橋)と比較してみましょう。

               

 松戸有料道路は、かかった建設費を通行料で回収しました。では、江戸川新橋の建設費はどのようになっているのでしょうか。

 江戸川新橋は、幹線道路としての都市計画道路で、国と県が折半して負担することとなっております。

つまり…
 三郷市はお金をださなくてもよいのです!
これらから読み取れることとしてまとめますと、

1.三郷市はお金を出さなくてよい。
2.莫大な建設費がかかるが、交
通量が多そうなので通行料金収入がかなり見込める。
3.私の試算でも、20から30年の間で利子を含めた建設費を回収できる。

 したがって、事業仕分け人によってもカットされない「優良公共事業」なのです。一日でも早い着工、開通を切に願うものです。





  (C) 山下勝矢